「流れる雲よ」まつもと公演

77年前の第二次世界大戦と呼ばれた
大東亜戦争の鹿児島特攻基地。
若き特攻隊員たちは仲間と支え合いながら
限りある命を輝かせていた。

そんな中、ラジオから突然聞こえてきたのは、
2022年の未来からの不思議な放送だった。
「この夏に日本は戦争に負ける。」と、
放送を聞いた特攻隊員は動揺する。

なぜ、自分達は死を
「覚悟」しなければならないのか…。
何のために、死にに行くのか…。
終戦間際にラジオが起こす奇跡の物語。

お知らせ
2022.6.012022年・まつもと公演の情報を更新いたしました。
2022.8.152022年・まつもと公演のチケットの販売を開始しました。
2022.10.20早割チケットの販売を終了いたしました。
公演情報
演目 特攻隊ミュージカル「流れる雲よ」まつもと公演2022
日時 令和4年11月19日(土)・20日(日)
会場

松本上土劇場(旧ピカデリーホール)

〒390-0874 長野県松本市大手4丁目7−2

主催団体 「流れる雲よ」まつもと公演実行委員会 RAISEレイズ 
出演 演劇集団アトリエッジ
新型コロナ
感染症
対策について

・劇場入場前の検温にご協力ください。下記に該当するお客様はご入場いただけません。
  体温が37.5℃以上の方
  14日以内に海外渡航されていた方
  発熱、倦怠感などの体調不良がみられる方

・感染予防対策としてご入場の際には、手指の消毒とマスクの着用を必ずお願いいたします。
・咳エチケットをお願いいたします。
・飛沫感染防止の観点から、場内での会話はお控え下さい。 
・県外からの来場に関しては長野県の指針に従います。

チケット情報
座席種類 チケット価格
指定席 6,500円/早割:6,000円
※早割期間 8/15〜10/20
自由席 5,500円/当日:6,500円
学 生

3,000円 → 2,000円(指定席・自由席どちらも選択可能)

番宣動画
演劇団体アトリエッジについて

PRAY(祈り)とPLAY(上演)を基本テーマに、武士道の心と神道の尊さを伝えるべく、鋭さ(Edge=エッジ)を失う事無く創造し続ける演劇工房(Atelier=アトリエ)です。
日本の良さを内外に伝える為、歴史の真実を探り、タブーを破ってエンターティンメントの新しいアプローチに挑戦し続けています。
朗読劇、奉納劇、音楽劇、ロックミュージカルなど、様々な姿で。
言霊を駆使し、全身全霊を持って。日本の心を伝えています。

主催団体

「流れる雲よ」まつもと公演実行委員会RAISE(レイズ)
理念に、「命の使い方を考える」「感動を生み出す」
ビジョンに、「日本に希望をもった人を増やす」を掲げ、演劇主催以外の活動も行なっています。

主催団体代表より

古畑あずさ/Azusa Kobata

「流れる雲よ」まつもと公演実行委員会 RAISE 代表

まつもと公演は今年で4年目を迎えます。
「今、この時代を生きるわたしたちはどう生きていくのか」 「いのちをどう使っていくのか」を考えるきっかけになってほしいという想いで活動を続けてきました。
続けてきたからこそ、今年から「日本に希望を持って生きる人を増やしたい」というビジョンを描くことができました。
私たちの活動に触れてもらうことが、日本の希望や、心の豊かさ、世界の平和に繋がっていくと願っています。

Facebook

お問合せ先

Copyright©RAISING SOUL,2022All Rights Reserved.